生物資源問題と世界

個数:

生物資源問題と世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876983421
  • NDC分類 610.1
  • Cコード C3361

内容説明

「環境」と「グローバリゼーション」のはざまで、人間社会の基底であった「農」は21世紀にどんな展望を描けるだろうか。

目次

第1章 地球規模で食料・農業を考える
第2章 食料貿易自由化の功罪とFTAの意義―FTAは食料問題の救世主になりうるか
第3章 タンザニア農村における貧困問題と農家経済経営―コーヒーのフェアトレードの役割
第4章 中国農村の制度変化はいかに成功したのか―チャイナ・リスクをめぐって
第5章 中国農村制度改革の歪みと影―格差拡大と環境悪化が新しいチャイナ・リスクになるのか
第6章 カルチュラル・ターンする田舎―今どき農村社会研究ガイド
第7章 二〇世紀農学のみた夢と悪夢―ナチスは農業をどう語ったのか?
第8章 現代農業革命と日本・アジア―人・土地(自然)関係の再構築にむけて

著者等紹介

野田公夫[ノダキミオ]
京都大学大学院農学研究科教授(比較農史学、生物資源経済学専攻)。1948年愛知県名古屋市生まれ。1981年京都大学大学院農学研究科博士課程修了。1981年島根大学農学部講師。1987年島根大学農学部助教授。1990年京都大学農学部助教授。1996年京都大学農学部教授。1997年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。