環境人間学と地域<br> シベリア―温暖化する極北の水環境と社会

個数:

環境人間学と地域
シベリア―温暖化する極北の水環境と社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月05日 19時32分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 511p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876983155
  • NDC分類 451.35
  • Cコード C3325

内容説明

人が暮らす最も寒い地域、シベリア。水の凍結と融解が環境を支配し、特有の自然と文化を育んできたこの地は今、大きな変化に晒されている。温暖化による生態系と水環境の変化、社会変化がもたらす影響と、それに適応して生きる人々の姿を描く。

目次

第1部 シベリアの自然と水環境(気候・凍土と水環境;シベリアの植生;シベリアの動物相と温暖化の影響)
第2部 荒ぶる水―シベリアの洪水と社会(シベリアの河川流出;氾濫原の農牧地利用と気候変動;恵みの洪水が災いの水にかわるとき)
第3部 水をめぐる多様なまなざし―北方諸民族の文化にみる水(北方諸民族のフォークロアにみる水観念;チュクチ・カムチャツカ諸語のフォークロアにみる自然観;口琴ホムスを通じてみたサハの自然と人)
第4部 気候変化への社会の適応(適応と脆弱性;資源動物利用に関わる環境変動と住民の適応;洪水リスクへの適応―サハ共和国の移住政策;シベリアの水環境変動と社会適応―東日本大震災との対比からみたリスクへの対応)

著者等紹介

檜山哲哉[ヒヤマテツヤ]
名古屋大学地球水循環研究センター教授。名古屋大学大気水圏科学研究所助手、同・地球水循環研究センター助教授および准教授、総合地球環境学研究所准教授を経て、2014年4月から現職。専門分野は水文学、気候・気象学、地球環境学

藤原潤子[フジワラジュンコ]
日本学術振興会特別研究員。東北大学東北アジア研究センター機関研究員、総合地球環境学研究所上級研究員などを経て、2014年10月から現職。専門分野は文化人類学、ロシア研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人が暮らす最も寒い地域,シベリア。水の凍結と融解が自然環境を支配し,特有の生態系と文化を育んできたこの地は今,大きな変化に晒されている。温暖化による生態系と水環境の変化,社会変化がもたらす影響と,それに適応して生きる人々の姿を描く。