西洋古典叢書<br> 自然の機能について

個数:

西洋古典叢書
自然の機能について

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月25日 07時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 257,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784876981120
  • NDC分類 131.8
  • Cコード C1310

出版社内容情報

私は、ガレノス『自然の機能について』(三千円)とセクストス・エンペイリコス『ピュロン主義哲学の概要』(三八〇〇円)しか買ってないが、どちらも、もっとずっと早く日本に紹介されてしかるべき本だった.....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』233頁、より)

内容説明

ヒッポクラテスの医学理論とアリストテレス、プラトンの哲学説との連携を踏まえた目的論的生理学を、論敵たちの機械論的・物質主義的生理学に対峙させ、解剖学的「事実」によって、彼らの主張を完膚なきまでに論駁している。あざやかな「論争」の手並みを発揮しつつ、ガレノス医学理論の基本的立場をコンパクトに打ち出している点で、ガレノスの全容を知るための最良の一冊。