プリンス自動車の光芒―1945‐1969 (増補二訂版)

個数:

プリンス自動車の光芒―1945‐1969 (増補二訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 10時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784876873869
  • NDC分類 537.067
  • Cコード C2053

内容説明

立川飛行機と中島飛行機の航空技術者が中心となって設立されたプリンス自動車は、独自の技術力を生かして数々の先駆的な自動車を開発し、レースの舞台でも大活躍している。本書は、プリンス自動車の誕生から終焉まで、その栄光と苦難に満ちた足跡を追う。

目次

プロローグ・財産は「技術力」
立川飛行機からの独立・自動車に賭ける「たま」
電気自動車時代の「たま」の活動
旧中島飛行機エンジン部門・富士精密の動向
富士精密によるガソリンエンジンの開発
「たま」による「プリンス」号の完成と発売
「たま」と富士精密の合併
プリンスセダンからスカイラインへ
エンジン出力の向上と初代グロリアの登場
5か年計画と村山工場の建設〔ほか〕

著者等紹介

桂木洋二[カツラギヨウジ]
1945年東京生まれ。1960年代から自動車雑誌の編集に携わる。1980年に独立。それ以降、車両開発や技術開発および自動車の歴史に関する書籍の執筆に従事。そのあいだに多くの関係者のインタビューを実施するとともに関連資料の渉猟につとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。