高齢者施設における看護師の役割―医療と介護を連携する統合力

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784876722228
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0036

内容説明

介護施設には「患者」ではなく、暮らしているお年寄りがいるのです。「医療モデル」ではなく「生活モデル」を描けるか否か、いま、ナースの力量が問われています。

目次

第1章 生活施設の看護とはなにか(老人介護抄史;看護職のほんとうの役割 ほか)
第2章 問題解決の方法(看護師も経営的発想を;ケースワークも範囲内 ほか)
第3章 生活施設の介護力(お年寄りはケアの質を直接映し出す)
第4章 生活モデルのターミナルケア(老いを拒む社会になっていないか;特養で看取られること)

著者等紹介

鳥海房枝[チョウカイフサエ]
千葉県出身。日本赤十字中央女子短期大学(現日本赤十字看護大学)卒業。東京都北区の保健師として36年間活躍。保健所、障害者センター、お年寄り相談係を経て、1998年新設の特養ホーム北区立「清水坂あじさい荘」の設立に関わる。保健師としての原点「生活への関わり」を要に施設全体の介護を創造し、質を維持している。厚労省の施策推進に関して提言を乞われ、積極的な発言をしている。2007年現在、清水坂あじさい荘副施設長、保健師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tnk.UZ

1
これを読んでケアが変わらない看護師は、看護師を辞めたほうが良い。

elica

0
病院勤務から老人ホームに変わるときに参考にした本 タイトルは硬いけど 「生活の場」で看護をするってこういうことなんだとイメージしやすい本でした 内容は真面目な内容もウィットに富んでいて 動画で鳥海先生を見て さらにファンになりました2010/03/14

アズキ母さん

0
うちの特養の看護師長に何とか読ませる手はないものか。介護職の気づきを全く拾おうとせず、受診は遅れ、なくなってしまったケースすらあるのに反省の色なく、大きな声で大股で歩いている…。2014/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/53363

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。