いま、生と死を考える―豊かないのちを育む地域

いま、生と死を考える―豊かないのちを育む地域

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784876635726
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C1036

内容説明

“いま”を生きる私たちにとっての重要なテーマ、出生前診断、遺伝子解析、高齢社会、安楽死etc.…。“いのち”について、多角的にアプローチする。

目次

科学技術・情報化時代における生と死の倫理
生まれようとする命を選別しないで―ダウン症の息子との生活から見えてきた大切なもの
死に行くものと現代医療
元気な車イス
からだの生と死
強いことによる死―「安楽死」について
デス・エデュケーション―死への準備教育
子どもと死
現代人にとっての生と死―現象学的臨床社会心理学の立場から
死をめぐって―作家たちの思いから
死を待つこころ―良寛の死生観
ターミナルケアと精神医学的援助
死別の哀しみ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

5
3.11にて否が応でもいのちの価値を考えざるを得ない世の中になった。本著は、大学の一連の総合科目をまとめたものである。専門分野からいのちのかけがえのなさを解明しようとしている。圓増治之先生が、待つことの苦手な現代人の精神病理を検討されている(166頁~)。CVSでも待たせないことが至上命題のサービスのためだろう。待つ忍耐は、教育、ひとづくりの場面や、地域づくりでも粘り強さが求められるケースが多い。したがって、いのちを大切にすることで、時間のせわしさも人間の感性が狂った結果かと思えてくる。2013/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/801140

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。