死ぬほど大切な仕事ってなんですか―リストラ・職場いじめ時代に過労死を考える

個数:

死ぬほど大切な仕事ってなんですか―リストラ・職場いじめ時代に過労死を考える

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784876523221
  • NDC分類 366.99
  • Cコード C0036

内容説明

バブル崩壊とリストラによって労働状況は大きく変わり、職場いじめや過重労働のはての過労死が後を絶たない。働く者の体と心を押し潰す現代企業社会を問う『日本は幸福か』第2弾!全国48人の過労死遺・家族たちの手記。

目次

1 どうして死ぬまで働かなくてはならなかったの
2 働きすぎで命を絶って―自殺過労死
3 悲しみを怒りに変えて―労災認定のたたかい
4 裁判に挑んで
5 私はふたたび歩みはじめます―自立・子育て・介護・老後
6 命が奪われる危機にひんして
7 企業社会と過労死を考える