ネイティブでも間違える英語表現A-Z - どちらが正しい英語かな?

個数:

ネイティブでも間違える英語表現A-Z - どちらが正しい英語かな?

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 380p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784876151189
  • NDC分類 830
  • Cコード C0082

出版社内容情報

「見出し」をアルファベット順に配列した、見やすく探しやすい辞書タイプの文法書。紛らわしい英語の文法や語法を、わかりやすい用例とともに解説しています。アメリカ英語・イギリス英語の違いや、カジュアル・フォーマルの使い分けについてもカバーしています。

《はじめに》
 日本人の英語学習意欲は非常に高く、とても多くの人々が英語をマスターしようと日々努力しています。その結果、日常英会話ならなんとかOKという人や、海外旅行でもどうにか英語で意思の疎通ができるという人の数が以前に比べるとずいぶん増えてきました。ところが、実際にその英語をよく聞いてみると、「あっ、この語句の使い方は正しくない」「日本語をそのまま英語に直訳している」といった誤りが数多くあるのもまた事実です。もちろん日本語を母語とするなら、完璧な英語を話す必要性はありません。日本人が日本語の誤りに気づかないまま使うこともあれば、英語のネイティブ・スピーカーが英語の誤りを犯すこともあるわけです。多少英語を間違えてしまっても、コミュニケーションに支障がない限りはそれほど重大に考える必要はありません。
 しかし、せっかく英語を学んでコミュニケーションに役立てるのであれば、「誤りを少なくして、正しい英語を話したい、書きたい」というものも本音でしょう。急速に国際化の進む昨今、語学の能力を生かし、ビジネスや学業の場で英語を使う可能性も格段に増えています。そのような場合、誤りを回避するだけでなく、TPOに応じた適切な表現の習得を目指したいと願うのは当然のことです。本書(原著名 Common Errors in English from A to Z)は、外国語として英語を学ぶ人々だけでなく、ネイティブ・スピーカーでさえ使い方を間違えてしまうような日常英語の盲点を採り上げて、その問題点と正しい表現の仕方を辞典形式に検索しやすくまとめたものです。単に文法的に正しいか誤りかだけでなく、フォーマルな表現とカジュアルな表現の区別、アメリカ英語とイギリス英語における用法の違い、まぎらわしい表現といったカテゴリーに誤りのパターンを分類して、正しい英語の話し方、書き方をきわめて具体的に解説しています。
 本書を活用すれば、どういった場でどのような英語表現を用いるべきか、これまで自分が「正しい!」と思いこんでいた表現にどんな誤りがあったのか、自分では理解しているつもりで使っていた語句、表現に実はどのような背景やニュアンスがあったのか、あるいはこれまでよくわからなかった語句、表現の正しい使い分けが理解できることでしょう。日常的に英語を話し、書く際に役立つレファレンス・ツールとして本書を使ってみて、「なるほど!」と納得できたら、該当する語句や表現を使って積極的に文を作り、口に出してみてください。きっと一皮むけた English speaker になっている自分を発見できることでしょう。
 最後になりましたが、本書の翻訳にあたり、最初から刊行まで辛抱強くサポートいただきました(株)語研の奥村民夫様、本堂もも子様に心より深くお礼申し上げます。

  小島 加奈子