• ポイントキャンペーン

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784876018628
  • NDC分類 326.3
  • Cコード C0036

内容説明

障害再建のための医療技術を悪用し、最先端の通信技術との併用により遠隔操作で人の五感に介入し、心身に対し、考えられないような嫌がらせを行う犯罪が進行しています。このまま放っておけば、被害者の数は増え、不条理な苦しみを強要される人の数は増えていくでしょう。法整備がまったく成されていないために、加害者は野放し状態。被害者は被害者であることを1年365日、1日24時間強要され続けています。こんなことが現在の世の中に…。しかし、ここに記されていることは全て事実なのです。

目次

1 メカニズムの推論
2 実態報告
3 被害の経緯
4 被害日誌
付録

著者等紹介

内山治樹[ウチヤマハルキ]
1961年12月24日東京都生まれ。1979年明星学園高等学校卒業。1987年武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。卒業後グラフィックデザイナー、アートディレクターとして7年間会社勤務、後フリーランスとして創作に携わる。2006年より在宅専門のフリーランスとして現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。