語られぬ他者の声を聴く―イギリス小説にみる“平和”を探し求める言葉たち

個数:

語られぬ他者の声を聴く―イギリス小説にみる“平和”を探し求める言葉たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 339p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784875718871
  • NDC分類 930.27
  • Cコード C3098

目次

巻頭論文 フランクリン博士の子どもたち―フランケンシュタイン、テスラ、そしてガーンズバック
第1部 語られぬ他者の声を聴く(パット・バーカー『ドアの目』論―得体のしれない恐怖という記憶;生命科学と資本主義の協同、あるいは現代のディストピア―マーガレット・アトウッド『オリクスとクレイク』における語り/フィクション/共同幻想;W.B.イェイツ「一九一六年復活祭」再読―「わかりにくさ」の意義)
第2部 “物語”は言葉となる日を待つ(記憶の庭と戦時の庭―ヴァージニア・ウルフの『幕間』を中心に;「等価交換」で読み解くロアルド・ダール―散りばめられた理不尽な天秤;戦争文学と「人間をまもる読書」―文化批判として読むリチャード・フラナガンの『奥のほそ道』)
第3部 交感する過去と現在(やり遂げることのできない戦争の、その先にあるもの―H.G.ウェルズ『ブリトリング氏、やり遂げる』を読む;G.オーウェル『一九八四年』を四度、読み直す―ポスト・トゥルースの時代にあって真実を見つめる;芸術的可能性としての「神話」)
巻末エッセイ 人間の時間を取り戻す試み―自伝/伝記文学の可能性

著者等紹介

市川薫[イチカワカオル]
広島修道大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。