シティバンク 勝利の複雑系

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 407p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784875662112
  • NDC分類 336
  • Cコード C0060

内容説明

「上司が怖くてミスを報告せずにいたら、余計ひどいことになってしまった…。」「部下は自分の思い通り、よく働いてくれていると思っていたら、大きな勘違いだった…。」こんな経験ありませんか?身に覚えのある人はこの本を読みましょう。この本には、世界最大の銀行が挑む、進化と創造の経営手法が描かれています。

目次

第1部 複雑系の科学を知る(複雑系の科学を知る;複雑系の理論の重要な概念;適応度を高める ほか)
第2部 自己組織化システムである企業をどのように発展させるか(恐れに対する反応;信頼による進歩;成功への14のステップ ほか)
第3部 新時代の組織構造(自律的なエージェント;リーダー;カタリスト ほか)
第4部 シティバンクは眠らない(現場の声;シティバンクは眠らない―企業の持続性とパラドックス)

著者等紹介

アリソン,メアリー・アン[Allison, Mary Ann]
Allison Group,LLC代表。アリソン・グループはニューヨーク市に所在するコンサルティング・グループ企業で、戦略立案、組織開発、バーチャル・コミュニティの創出などについて、新興企業からヒューレット・パッカードのような多国籍企業までを対象に、コンサルティング・サービスを提供している。アリソン・グループ設立以前は、シティバンクの副社長で、新興のネット企業の社長を経験したこともある。著書に「Managing Up,Managing Down」があり、複雑系、ビジネス・コミュニティに関する講演活動も行っている

ケリー,スザンヌ[Kelly,Susanne]
シティバンクのコーポレート・テクノロジー・オフィス担当副社長で、シティバンクのComplexity and Organizational Behavior Projectでリサーチ・ディレクターを務めている。20年以上にわたって通信、技術、製品製造、銀行など様々な分野に関わる要職にあり、マーケティング、カスタマーサービス、技術開発という広範な実務経験をもつ。複雑系と組織行動についての論客としても、国際的に知られている

人見久恵[ヒトミヒサエ]
1987年帝塚山大学卒。大阪大学経済学部コンピュータ室と帝塚山大学情報教育センターに勤務後、1996年までニューヨーク州ロチェスターに在住。現在は京都市在住の翻訳家。共訳書に『PowerBuilder5.0公式アドバンストテクニック』(1997、小社刊)がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。