地方自治ジャーナルブックレット<br> 大都市問題の専門家が問う大阪市廃止と生活行政の破綻―“市民連合”による住民投票勝利への戦略

個数:

地方自治ジャーナルブックレット
大都市問題の専門家が問う大阪市廃止と生活行政の破綻―“市民連合”による住民投票勝利への戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月13日 10時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 106p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875558422
  • NDC分類 318.263
  • Cコード C3030

目次

1 市民連合結成による勝利への方程式(論争なき法定協議会と住民投票への丸投げ;虚構のイメージ戦術に対抗する戦略・戦術;市民連合結成による勝利への図式)
2 大阪市廃止と特別区の実像(府県集権主義と特別区の苦境;総合行政機能を発揮できない特別区;財源配分・財政調整と特別区の貧困化)
3 大阪維新の改革戦略の誤算(経済振興はインフラ整備より新産業創出;二重行政解消のトリック;粉飾されている四区方式の効果)

著者等紹介

高寄昇三[タカヨセショウゾウ]
1934年神戸市に生まれる。1959年京都大学法学部卒業。1960年神戸市役所入庁。1975年『地方自治の財政学』にて「藤田賞」受賞。1979年『地方自治の経営』にて「経営科学文献賞」受賞。1985年神戸市退職。甲南大学教授。2003年姫路獨協大学教授。2007年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。