自治総研ブックレット<br> 原発災害で、自治体ができたこと・できなかったこと―自治体の可能性と限界を考える

個数:

自治総研ブックレット
原発災害で、自治体ができたこと・できなかったこと―自治体の可能性と限界を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月16日 01時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 113p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875558392
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C3030

内容説明

第34回自治総研セミナーの記録。

目次

開会のあいさつ
問題提起 自治体の可能性と限界―原発災害から考える
セッション1 原発災害と自治体(報告 自治体の「領域性」と「社団性」―原発災害から見えてきたこと;報告 原災復興と自治体;討論1)
セッション2 自治体ができたこと・できなかったこと(報告 大熊町と原子力災害;報告 埼玉県における広域避難者支援ガバナンスの現状と課題―官民協働による支援の「順応的ガバナンス」の不可能性?;報告 弁護士から見た原子力災害被災地域の自治体;コメント 3つの報告を聞いて;討論2)
セミナーを終えて