自治体間における広域連携の研究―大阪湾フェニックス事業の成立継続要因

個数:

自治体間における広域連携の研究―大阪湾フェニックス事業の成立継続要因

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875558248
  • NDC分類 318.18
  • Cコード C3030

目次

第1章 広域連携と廃棄物の広域処理
第2章 広域連携の制度論的考察
第3章 広域連携の組織論的考察
第4章 時代区分別の広域連携制度の組織特性
第5章 廃棄物行政における基本原則
第6章 事例分析(大阪湾フェニックス事業の成立;東京湾フェニックス事業の不成立;大阪湾フェニックス事業のスキーム変更;大阪湾フェニックス事業の存続危機;大阪湾フェニックス事業の発展)
第7章 循環型社会と廃棄物の広域処理
第8章 広域連携と民主的統制―フェニックス事業と阪神水道企業団との比較
第9章 総括