「対話」で変える公務員の仕事―自治体職員の「対話力」が未来を拓く

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

「対話」で変える公務員の仕事―自治体職員の「対話力」が未来を拓く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875264125
  • NDC分類 318.3
  • Cコード C3031

目次

序章 この本を書いたわけ
第1章 自治体職員には「対話」が必要
第2章 自治体職員の仕事は「対話」で変わる
第3章 知っておきたい「対話」のコツ
第4章 「対話」の鍵を握るのは
第5章 自治体職員にもとめられる「対話」とは
終章 この本を手にとっていただいた皆さんへ

著者等紹介

今村寛[イマムラヒロシ]
1991年福岡市役所入庁。2012年より福岡市職員有志による「明日晴れるかな 福岡市のこれからを考えるオフサイトミーティング」を主宰し、約9年間で200回以上開催。職場や立場を離れた自由な対話の場づくりを進めている。また、2012年から4年間務めた最政調整課長の経験をもとに、自治体の財政運営について自治体職員や市民向けに語る「出張財政出前講座」を出講。2021年より福岡市教育委員会総務部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
自治体職員には対話が必要: うまくいかないのは対話が足りないから オフサイトミーティング 市役所には対話が足りない 自治体職員の仕事は「対話」で変わる: ワールドカフェとの出会い すべて対話が変えてくれた 話す×聴く=認めあう 知っておきたい対話のコツ: 対話の場を支えるもの 個人商店と常連客 議論と対話と雑談と 許すのが対話の奥義 対話は手段か目的か 快楽のツボを知れ 対話の鍵を握るのは: 立場の鎧を脱ぐ 議論の前に対話をおく意味 自治体職員にもとめられる対話とは: 適切な分担と連携 自治体職員と政治2021/07/24

べんちーに

0
福岡市の現役職員で、自治体の財政運営について自治体職員や市民向けに語る出張出前講座を出講してきた著者が、自治体職員が対話で拓く未来について語った本。 印象的だったのは、自治体職員が過剰に市民と距離を置き、対話できない、対話しようとしないという事実。過剰に市民を恐れることで、「対話」どころかまともに意思疎通を図れていないと感じました。自治体職員に限らず、私達は過剰に他者を恐れるようになってしまったのかも知れません。 「対話」で世の中に存在する課題の解決に向けた糸口を掴もうと思ったときに読みたい一冊。2023/01/09

osamutkrd

0
対話=開く+許す 対立している組織間のコミュニケーションに悩んでいた私にとってとても良い本でした。 議論の前に対話、対話の前に雑談という流れは共感し、ぺこぱの漫才のスタイルも対話に通じているという記載も印象的だった。2022/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17856376
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。