自治力の挑戦―閉塞状況を打破する立法技術とは

個数:

自治力の挑戦―閉塞状況を打破する立法技術とは

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 120p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784875263821
  • NDC分類 318
  • Cコード C3031

内容説明

自治力が、止まらない。今なお続く分権改革。変わらず高い法律の規律密度を自ら変革すべくチャレンジする自治体がある!

目次

第1部 政策法務の眼
第2部 自治を深める
第3部 行政の実効性確保
第4部 行政代執行の諸相
第5部 分権法務の条例実践
第6部 空き家対策の政策法務

著者等紹介

北村喜宣[キタムラヨシノブ]
上智大学法学部教授。1960年京都市生まれ。1983年神戸大学法学部卒業、1988年カリフォルニア大学バークレイ校大学院「法と社会政策」研究科修士課程修了。横浜国立大学経済学部助教授、上智大学法科大学院長などを経て現職。専攻は、行政法学、環境法学、政策法務論。規律密度が高い法律を実施する自治体が、いかに地域特性を反映する措置を適法に講じうるかの条例論を研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。