ウンチ学博士のうんちく

個数:

ウンチ学博士のうんちく

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月22日 01時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784875253464
  • NDC分類 481.34
  • Cコード C1047

内容説明

一日たりとも意識せずにはいられないウンチやオシッコ。これまで多くの文筆家が「スカトロジー=糞尿譚つまり“ウンチ噺”」を残してきた。そんなウンチやオシッコの世界は、科学者の眼が加わることで今、景色をがらりと変えました。新しいウンチ学の世界にようこそ。

目次

「ウンチ」の言語学
ウンチの成分には食べかす以外のもののほうが多い
腸内フローラ―腸に棲む旧友たち
人糞は資源だった
トイレのいろいろ
昔の日本における人糞の価値
東アジアの循環型農業
平成天皇とタヌキの糞
ワシの糞を使ったダーウィンの実験
ダーウィンとミミズの糞
糞の起源
チベットにおけるヤクの糞利用
ウシのおならと環境問題
糞虫―食糞性コガネムシ
糞虫を食べる人々
排泄物を使った薬
糞虫以外の食糞する動物
糞尿の生態学
恐竜の糞化石から分かったこと
糞を調べて分かるさまざまなこと

著者等紹介

長谷川政美[ハセガワマサミ]
1944年、新潟県生まれ。1966年東北大学理学部物理学科卒業、70年名古屋大学大学院理学研究科博士課程中退。同年、東京大学理学部助手。統計数理研究所研究員を経て同研究所助教授、教授、総合研究大学院大学教授(併任)、東京大学大学院教授(併任)。その後、復旦大学(上海)教授を経て現在、統計数理研究所名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。理学博士(東京大学)。ライフワークとして進化生物学を研究してきた。受賞:1993年、日本科学読物賞。99年、日本遺伝学会木原賞。2003年、日本統計学会賞。05年、日本進化学会賞・木村資生記念学術賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。