ゴジラ幻論―日本産怪獣類の一般と個別の博物誌

個数:

ゴジラ幻論―日本産怪獣類の一般と個別の博物誌

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2017年10月23日 20時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784875024828
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C1040

内容説明

妄想から科学へ「シン・ゴジラ」vs.進化発生学。ゴジラ、アンギラス、ラドン、モスラ、バラン…その生物学的起源とは?

目次

第1章 「ゴジラ生物学会特別紀要」より 巨大不明生物の起源(基調講演 「シン・ゴジラ」に確認された新事象をめぐって;緊急レポート 巨大不明生物に関する形態発生学的アプローチ;ゴジラ問題調査委員会中間報告書 牧悟郎博士の日記)
第2章 個別の博物誌 ゴジラ生態圏をめぐる四つの報告書(四足歩行怪獣アンギラスの形態学的特徴とその進化的起源;モスラの昆虫形態学と分類学について;怪獣バランと秘境の蝶;ラドンとメガヌロン)
第3章 怪獣多様化の時代をめぐる随想 一九六〇年代の「ワンダフル・ライフ」(怪獣の住む世界1964‐1966;特撮大好きオヤジのぼやき;ゴジラの変貌―「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」考;怪獣残酷物語―私を戦慄させた怪獣たち;映画に見る生物学的イメージ;モンスターと自然観;昭和人間ドラマの魅力;SFのフィルム・ノワール;異界からの侵犯;Qの終焉)

著者紹介

倉谷滋[クラタニシゲル]
1958年、大阪府出身。京都大学大学院博士課程修了、理学博士。米国ジョージア大学、ベイラー医科大学への留学の後、熊本大学医学助教授、岡山大学理学部教授を経て、現在、理化学研究所主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2016年、東京に上陸し、活動を停止した巨大不明生物「ゴジラ」。その生態や発生プロセスの謎に、生物学の最新知見をもって挑む。2016年、東京に上陸し、丸の内で活動を停止した巨大不明生物、通称「ゴジラ」。従来の生物学の知見では単純に説明することのできない生態や機能、起源と発生プロセスの謎に、生物学の最新知見をもって挑む。「シン・ゴジラ」に登場する女性科学者のレポートや、1954年初代「ゴジラ」の山根恭平博士の孫による講演記録など、科学的知識と虚構が入り交じる一書。

第1章 「ゴジラ生物学会特別紀要」より
巨大不明生物の起源

【基調講演】 山根恭太郎
「シン・ゴジラ」に確認された新事象をめぐって 
◆第一部 ゴジラの分類学的位置づけ/爬虫類とは?
補論 怪獣のリアル――現実と非現実の狭間
◆第二部 ゴジラの進化と発生/尻尾の謎
補論 リアリティのレベルに関する問題

【緊急レポート】 尾頭ヒロミ
巨大不明生物に関する形態発生学的アプローチ
◆諸言/頭頸部の解剖所見/皮膚と附属構造物についての比較形態学的考察/ゴジラの尾と背鰭に関する諸問題、ならびに気嚢の存在が疑われることについて/系統的位置についての考察と結論/分子遺伝学的背景/個体発生上の変化/人為的発生プログラムの構築に関する仮説/結語
補論 キングギドラのポジション

【ゴジラ問題調査委員会中間報告書】
牧悟郎博士の日記
◆本提出書類について/翻訳文/付記


第2章 個別の博物誌
ゴジラ生態圏をめぐる四つの報告書

◆四足歩行怪獣アンギラスの形態学的特徴とその進化的起源――山根恭平
 補論 キングギドラは何頭か
◆モスラの昆虫形態学と分類学について――杉本是也
 補論 モスラの魅力
◆怪獣バランと秘境の蝶――杉本是也
 補論 歌舞伎としての怪獣映画
◆ラドンとメガヌロン
 補論 サービス満点の怪獣映画


第3章 怪獣多様化の時代をめぐる随想
1960年代の「ワンダフル・ライフ」

◆怪獣の住む世界1964-1966
◆特撮大好きオヤジのぼやき
◆ゴジラの変貌
◆怪獣残酷物語
◆映画にみる生物学的イメージ
◆モンスターと自然観
◆昭和人間ドラマの魅力
◆SFのフィルム・ノワール
◆異界からの侵犯
◆Qの終焉

付録 私の怪獣映画ベスト30

倉谷滋[クラタニシゲル]
1958年、大阪府出身。京都大学大学院博士課程修了、理学博士。米国留学後、熊本大学医学助教授、岡山大学理学部教授を経て、現在、理化学研究所主任研究員。主な研究テーマは、「脊椎動物頭部の起源と進化」など。最新刊『分節幻想』(工作舎2016年11月刊)は発売後2週間で毎日新聞にて養老孟司氏が書評!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件