学校ってボクらの力で変わるね―子どもの権利が生きる学校づくり

個数:

学校ってボクらの力で変わるね―子どもの権利が生きる学校づくり

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2021年06月22日 03時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874987544
  • NDC分類 374
  • Cコード C0037

内容説明

学校の主人公は子どもたち。校庭の遊具を増やす。運動会の新種目を考える。給食のメニューを作る。日課表まで変えていく。子どもたちの力を信じて、教師も保護者も地域の人たちも子どもたちとの共同に踏み出す。「子どもたちを信じて頼り、任せて見守る」実践の全貌。

目次

第1章 学校づくりの出発点
第2章 行事の創造と児童総会の創設
第3章 授業への子ども参加
第4章 菜の花畑から見えてくる世界
第5章 子どもの参加領域の拡大
第6章 子どもの権利憲章が描く世界と道徳教育
第7章 保護者の学校参加
第8章 学校協議会を民主的につくる
第9章 教育課程の自主編成

著者等紹介

植田一夫[ウエダカズオ]
1956年、滋賀県彦根市に生まれる。大阪青山大学特任准教授、大阪教育大学非常勤講師。大学を卒業後、彦根東高校定時制、長浜高校で社会科の非常勤講師。その後、島小学校など4校の公立小学校に定年まで勤務。大阪教育大学大学院教育学研究科学校教育専攻修了。全国生活指導研究協議会研究全国委員、滋賀県生活指導研究協議会代表、子どもと自然学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。