• ポイントキャンペーン

現代日本の歴史認識―その自覚せざる欠落を問う

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784874983836
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0021

内容説明

明治ははたして栄光の時代だったのか?今や常識化した“司馬史観”に対し、最初の朝鮮侵略「江華島事件」や「日清戦争」の定説をくつがえす新事実を提示、日本近代史認識の根本的修正を求める問題提起の本。

目次

第1章 「明治の日本」を讃える“常識”を疑う(半藤一利さんの『昭和史』を読む;日本政府はどう見てきたのか ほか)
第2章 「明治栄光論」で隠蔽される歴史の事実(明治の初めから日本は朝鮮に何をしたのか;朝鮮への植民地支配と「満州事変」の関連が見えてこない ほか)
第3章 歴史の偽造・3例を検証する(江華島事件はなぜ起きたのか;日清戦争はどうしてはじまったのか ほか)
第4章 韓国にみる過去の問い返しと歴史認識の深まり(韓国・東学農民軍の戦跡を訪ねる旅;過去を問い、未来を拓こうとする韓国の人たち)

著者等紹介

中塚明[ナカツカアキラ]
1929(昭和4)年、大阪に生まれる。日本近代史専攻。近代日本における朝鮮問題の重要性を自覚し、1960年代から日清戦争をはじめ近代の日朝関係の歴史を主に研究。1963年より奈良女子大学文学部に勤務、93年、定年退職。この間、朝鮮史研究会幹事、歴史科学協議会代表委員、日本学術会議会員などをつとめる。奈良女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。