沖縄戦―民衆の眼でとらえる「戦争」 (改訂版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

沖縄戦―民衆の眼でとらえる「戦争」 (改訂版)

  • 大城 将保【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 高文研(1988/10発売)
  • 和書・和雑誌 全点ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 60pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月27日 00時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19X14cm
  • 商品コード 9784874980972
  • NDC分類 210.75

内容説明

本書において著者は、研究者としての手堅い調査研究と、作家としての洞察力をもって、沖縄戦の核心に迫り、その全体像を描きだす。日米両軍の戦略において、沖縄作戦は何だったのか?地獄の戦場に投げだされた子どもらは何を見、何を体験したか?沖縄戦開始まもない戦艦「大和」の出撃は何を意味したのか?学徒隊の10倍余の死者を出した防衛隊が、なぜ書かれないのか?沖縄戦研究の現到達段階を示す注目の労作。

目次

1 子どもたちは何を見たか
2 沖縄戦とは何だったのか(沖縄戦・5つの特徴;沖縄戦の経過;戦場の諸相)
3 沖縄戦から何を学ぶか