現代社白鳳選書<br> 哲学・論理学研究〈第2巻〉ヘーゲル学完結は「哲学は自然・社会・精神の一般学」である〈前〉

個数:

現代社白鳳選書
哲学・論理学研究〈第2巻〉ヘーゲル学完結は「哲学は自然・社会・精神の一般学」である〈前〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6変判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874741900
  • NDC分類 100
  • Cコード C3210

目次

第1編 哲学構築に向けての自然、社会、精神に関わる学びを説く(自然科学を構築していくには学的世界観が必須である;学問一般をふまえて社会科学を構築していくべきである;世界歴史をふまえてこそ精神の発展の流れが理解可能となる)
第2編 古代ギリシャ哲学、その学び方への招待 後編(オリエントから古代ギリシャへの段階を正しく学ぼう;ソクラテスレベルからプラトンレベルへの認識論的発展を説く;プラトンの論理レベルからアリストテレスの論理への発展を視る)

著者等紹介

悠季真理[ユウキマコト]
大学入学と同時に「学の巨塔」到達を志とし、学一般の基礎たる弁証法をまず学び、そこから認識論へと進み、現在は論理学修得へ向けて歳月を重ねている。その過程で自然科学を修め、そこから精神科学へと歩を進め、現在は社会科学、特に国家学を修学中である。日本弁証法論理学研究会代表幹事。学術誌『学城』の編集子(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。