現代日本語における形容詞の連用用法―外面性/内面性に着目して

個数:
  • ポイントキャンペーン

現代日本語における形容詞の連用用法―外面性/内面性に着目して

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年06月25日 11時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874248959
  • NDC分類 815.4
  • Cコード C3081

内容説明

第1部では、形容詞の分類、及び、連用用法に関する先行研究を取りあげ概観する。第2部では、「どのような場合に、どのような形容詞が、連用形でふるまえるのか」という問いのもと、具体的な事例をあげ現代日本語における形容詞の連用用法を記述する。第3部では、残された課題として、属性叙述における構文選択、言語間における構文選択の差異という2つのケーススタディについて韓国語との対照を含め検討する。

目次

本書の目的と構成
第1部 先行研究における形容詞と連用用法(日本語の形容詞と用法;形容詞の分類をめぐって;形容詞の格をめぐって ほか)
第2部 連用用法における形容詞のタイプ(考察の枠組み;外面的用法と形容詞のタイプ;内面的用法における形容詞のタイプ(1)―形容詞連用形が動きの様子を表さず、述語が認識動詞ではない場合 ほか)
第3部 残された課題(残された課題(1)属性叙述における構文の選択―「Xさんはピアノを上手に弾きます」をめぐって
残された課題(2)言語間における構文の選択の差異―「(髪を)よく切ったね」をめぐって)
まとめと今後の課題

著者等紹介

永谷直子[ナガタニナオコ]
一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程修了。博士(学術)。韓国の大学、日本国内の大学で日本語教育に携わったのち、2015年より相模女子大学専任講師。現在同大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。