リテラシーズ叢書<br> コミュニケーションとは何か―ポスト・コミュニカティブ・アプローチ

個数:

リテラシーズ叢書
コミュニケーションとは何か―ポスト・コミュニカティブ・アプローチ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月14日 00時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874248010
  • NDC分類 801
  • Cコード C3080

内容説明

コミュニカティブ・アプローチの根底にある教育理念を批判的に考察し、ことばの教育とコミュニケーションについて考える。

目次

第1部 コミュニカティブ・アプローチ理論編(コミュニカティブ・アプローチをめぐって―ポスト・コミュニカティブ・アプローチがめざすもの;ポストメソッド時代の言語教育デザイン―応用言語学の視点と原理に基づく言語教育)
第2部 言語教育政策分析編(ことばの活動によるコミュニケーションとその教育の意味―欧州評議会における言語教育政策観の推移から;言語教育政策における「コミュニケーション」を考える)
第3部 言語教育実践編(第二言語学習者が教室で「わたし」を語るとき―日本で学ぶ大学院研究留学生の事例から;戦争の記憶を読む・語る―批判的メタコミュニケーション意識と意味の協働構築へ向けて;コミュニケーションの「デザイン者」をめざして―「デザイン」概念に根ざしたデジタル・ストーリーテリング実践;越境を支えるビジネス日本語教育―ポスト・コミュニカティブ・アプローチの就職支援)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nobu A

4
購読本読了。古くは文法訳読法から始まった教授法。1980年以降、コミュ二カティブ・アプローチが一世を風靡したが、多様な学習遍歴や文化背景を持つ学習者が集まる教室に万能薬となる唯一の教授法は残念ながら存在しないという現在の考え方に至る。グローバル化の顕在化が更に増す昨今、言語教師はどう向き合っていくべきなのか。「コミュニケーション」とは何か。日本の移民政策の進展と相まって、日本語教育の方向性を考えさせられる。理論、言語政策、教育実践の3部構成。8本の秀逸な論文を収録。実践編に教育現場でのヒント多数。2019/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13789197

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。