国際化時代の日本語を考える―二表記社会への展望

個数:

国際化時代の日本語を考える―二表記社会への展望

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月29日 19時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874247280
  • NDC分類 811.9
  • Cコード C3081

目次

ダイグラフィア・国字問題(日本語のダイグラフィア―その意味と必要性;表記体系併用と二表記併用社会;国字問題と日本語ローマ字表記―戦前の動向を中心に)
日本語教育とローマ字(「本物」であれば認める複数表記―日本語教育の現場から;ローマ字日本語人とはだれか―日本語教科書の調査から;多文化共生社会におけるローマ字表記の必要性;日本語教育におけるローマ字の意味―英語圏教材を中心に)
ローマ字文の分かち書き(日本語の分かち書き)
表記論・書き方のシステム(ウメサオタダオの文字づかい;文字・翻字と書き方のシステム―表記法の議論のために;表記論から「二表記併用社会」の必要性を考える―動詞の自・他部分に送り仮名のない複合語の表記の読み分け機構を中心に)

著者等紹介

アンガー,J.マーシャル[アンガー,J.マーシャル] [Unger,J.Marshall]
ハワイ大学、メリーランド大学、オハイオ州立大学での主任教授を経て、現在、オハイオ州立大学名誉教授。日・韓語の起源および江戸時代の和算の本を出版(英語)。ワシントンDC郊外在住

茅島篤[カヤシマアツシ]
教育学博士(コロンビア大学)。工学院大学教員、早稲田大学講師、公益財団法人日本のローマ字社理事長、ハーバード大学大学院客員研究員等を務める

高取由紀[タカトリユキ]
言語学博士(エール大学)。ジョージア州立大学前准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。