認知的アプローチから見た第二言語習得―日本語の文法習得と教室指導の効果

個数:

認知的アプローチから見た第二言語習得―日本語の文法習得と教室指導の効果

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月21日 08時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874246832
  • NDC分類 810.7
  • Cコード C3081

目次

第1章 SLA研究における理論構築の流れ(脳科学と教育;認知的アプローチのSLAと日本語習得研究;本書の構成)
第2章 SLAの認知過程(SLAに関わる心理的特性;言語処理;言語スキルの自動化;明示的学習vs.暗示的学習)
第3章 日本語に関する第二言語習得研究(文法発達と処理可能性理論;日本語の文構造の発達過程;日本語の発達段階)
第4章 教室指導の効果に関するSLA研究(Focus on Formの概念化;教室における指導技術とその効果に関する実証研究)
第5章 日本語に関する教室習得研究(初期のインターアクション研究;社会文化理論からのアプローチ;インプット処理―競合モデル;教室指導の効果)

著者等紹介

小柳かおる[コヤナギカオル]
福岡県出身。ジョージタウン大学にて修士号・博士号(言語学)取得。(社)国際日本語普及協会(AJALT)、アメリカ国際経営大学院、ジョージタウン大学等の日本語講師、上智大学助教授などを経て、上智大学言語教育研究センター/大学院外国語学研究科教授

峯布由紀[ミネフユキ]
長崎県出身。筑波大学大学院にて修士号、お茶の水女子大学大学院にて博士号(人文科学)取得。国際交流基金日本語教育派遣専門家、早稲田大学・お茶の水女子大学・日本大学非常勤講師、東洋学園大学人文学部准教授などを経て、上智大学言語教育研究センター/大学院外国語学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。