大きな森のミクロな世界―森を陰から支配する菌類のはなし

個数:

大きな森のミクロな世界―森を陰から支配する菌類のはなし

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874022689
  • NDC分類 474.7
  • Cコード C0045

目次

第1章 菌類とはどんな生き物か(身近な菌類の顔;原核生物と真核生物とアーキア ほか)
第2章 森に生きる菌類の役割―菌類がいなければ森は消滅する(森の木との共生者としての菌類;森の木の分解者としての菌類 ほか)
第3章 森の成り立ちを陰でコントロールしている寄生菌類たち(森の更新を支える寄生菌類;森の樹種の多様性をコントロールする寄生菌類 ほか)
第4章 木の体内にひっそりと生きる菌類(木の体内に潜んでいる菌類の重要性;ブナの葉のなかに一生潜んでいる菌 ほか)
第5章 絶対寄生菌が森の成り立ちの長い歴史を語っている(姿も生き様も変化に富むさび(銹)菌類
イギリス人を紅茶愛好家に変えたコーヒーノキのさび病 ほか)

著者等紹介

金子繁[カネコシゲル]
1943年東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大)で、植物病理学及び菌学を学ぶ。東京教育大学農学部助手、(財)日本きのこセンター菌蕈研究所室長、農林水産省林業試験場(後の(独)森林総合研究所)樹病研究室長、森林微生物領域長、筑波大学併任教授(森林微生物機能解析学担当)、(独)生物資源研究所ジーンバンク非常勤研究員などを歴任。森に生息する菌類の生態・機能と分類についての研究に携わる。1980年農学博士、1983年日本林学賞受賞、2001年日本菌学会賞受賞。南アルプス大武川源流域、利根川源流域などにユニークな足跡を残してきた紫山岳会会員として、長年森に親しんできた。現在、樹木医、松保護士などの講習講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。