古代史研究叢書<br> 古代東国の調庸と農民

個数:

古代史研究叢書
古代東国の調庸と農民

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 230,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872948622
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C3321

目次

古代東国の調庸と農民
第1部 房総の調庸(東鰒と隠岐鰒;上総の望陀布と美濃〓(あしぎぬ)―東国の調・大嘗祭・遣唐使)
第2部 蝦夷問題(房総の俘囚の反乱;律令国家と辺要―班田免除と租調庸賦課;最澄・徳一論争と蝦夷問題)
第3部 尾張国解文(尾張国郡司百姓等解文;尾張国解文の租税と田制;尾張国解文の調庸と交易)

著者等紹介

宮原武夫[ミヤハラタケオ]
1933年、出生。1961年、東京都立大学大学院修士課程修了。博士(史学)。専攻は日本古代史、歴史教育。千葉県習志野市立習志野高校教諭(定時制)を経て千葉大学教育学部教授。その間、歴史教育者協議会副委員長、栃木県小山市史編さん委員会専門委員、船橋市史編さん専門調査員、千葉県史編さん委員会専門委員(古代史部会長)、佐原市史編さん委員会顧問(古代史部会長)などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。