ロシアのスープ

個数:

ロシアのスープ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月22日 23時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 95p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872907865
  • NDC分類 596.23
  • Cコード C5077

出版社内容情報

肉、野菜、豆など具だくさんのリッチなスープ、魚のスープ、キャベツのスープなど、一皿で充分満足できる料理レシピが満載。

【著者紹介】
東京生まれ。父が飲食店を経営していたため、子供のころより食に興味を持つ。各種の料理学校で世界の料理を学ぶ。1974年よりロシアをはじめ、イラン、トルコ、中国、韓国など、ユーラシア大陸周辺の50か国以上を訪れ、現地の家庭やレストランのシェフから料理を習い、食文化の研究を続けている。自宅にて料理教室「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。テレビの料理番組や雑誌で活躍中。著書に、『家庭で作れるロシア料理』『家庭で作れるトルコ料理』(共に河出書房新社刊)、『「いただきます」まで90分! ボウルひとつでおかずパン』『じゃがいも、玉ねぎ、にんじんさえあれば! 世界の味73品』『素朴でおいしいお母さんの味ジャムとお菓子』(共に講談社刊)、『とっておきの保存食~安心手しごと90品』他多数。

内容説明

ボルシチをはじめ肉、野菜、豆などの具だくさんのリッチなスープ、魚のスープ、キャベツのスープ、ピクルスのスープなど。長い歴史の中で受け継がれてきた素材の味を生かした家庭の味。

目次

ボルシチを極める(ボルシチ;冷たいボルシチ ほか)
定番のスープ(シチー―伝統的なキャベツのスープ;きのこの壷焼き ほか)
夏のスープ(クワスのスープ;トマトとズッキーニのスープ ほか)
麺、米、雑穀入りスープ(ペリメーニ入りスープ;スープヌードル ほか)
郷土のスープ(ラグマン―ウズベク風うどん;羊のスープ ほか)

著者等紹介

荻野恭子[オギノキョウコ]
東京生まれ。各種の料理学校で世界の料理を学ぶ。1974年よりロシアをはじめ、イラン、トルコ、中国、韓国など、ユーラシア大陸周辺の50か国以上を訪れ、現地の家庭やレストランのシェフから料理を習い、食文化の研究を続けている。自宅にて料理教室「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。テレビの料理番組や雑誌で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko@猫毛まみれ

67
読んでいるとお腹が空いて来るのを感じる本📚ボルシチに欠かせないビーツだけどなくても何とかなる!けどサワークリームのスメタナがないとちょっと寂しいかな。ロシアで食べたトラウマ料理はお米と牛乳のお粥。甘すぎる上何だか遭わなかった。これで帰国後も日本のお粥が食べれなくなった程だけど著者はおいしいと書いてる😊秋はキノコスープ。ロシア人のきのこ狩りにかける情熱は凄いものがあります🍄2023/03/25

野のこ

36
冷たいボルシチ、ビーツのピンクがときめき♡味わってみたいです。いろんな種類のロシアのスープ。でも隣の国の伝統料理もミックスしてるのは陸つなぎのお国ならではやなぁとしみじみ。で、レシピは手間がかかって難しそう!だけどレシピを読んだり写真を見て美味しそうやなぁと眺めるだけでも楽しかったです。食べたことのないスープばかりで新鮮でした。ピクルスを入れたスープは私にもできそう!きゅうりのピクルスがあるのでさっそく作ってみます♪どんな風になるか、ちょっとドキドキ。2017/07/04

チョビ

2
新鮮な素材が全て!という感じの日本で言うところの「ごはん」スープを主に、デザートスープ、郷土料理のスープなどが出ています。ボルシチの色はビーツの赤だけではないことに驚き!(◎_◎;)このスープ作るときは気合込めて市馬や信用できる「肉屋」さんや「魚屋」さんで材料を購入して、のんびりとじっくり作りたいなあ、そんなお店近所にないけどorz。2016/11/08

まめ

1
見ててお腹が空きました。 ボルシチ食べたい2021/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10104995
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。