愛犬との旅―キャンピングカーに愛犬「こゆき」を乗せて日本一周冒険記

個数:

愛犬との旅―キャンピングカーに愛犬「こゆき」を乗せて日本一周冒険記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月24日 07時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784872907063
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0095

内容説明

そうだ、自由と感動の旅路へ。相棒は、有り金はたいたキャンピングカー、そして、柴の愛犬・こゆき。旅を通じて知った「家族・愛犬との絆」「日本の素顔」を、ユーモラスかつ、切なく描き切った、紀行エッセイ。

目次

1 本州南下(旅立ち)
2 一気に四国(それぞれの旅)
3 九州(人情と桜)
4 本州再突入(メジャーということ)
5 宗谷岬(何のための旅か)
6 道東(こゆきの反乱)
7 陸奥の旅へ(悲劇の中で)
8 「アンナ」(別れ)
9 わが家へ(旅の終わりに)

著者等紹介

山口理[ヤマグチサトシ]
東京都生まれ。教職のかたわら執筆活動を続け、のちに著作に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

まさに、日本版『チャーリーとの旅』(J.スタインベック著)、すべての男性必読。
還暦を迎えた男が、愛犬を連れ、自分を取り戻す旅に出た……。「家族、愛犬との絆」、「日本の素顔」、「日本人の心」の本質に迫る一冊。

「2014年春、還暦を迎えた私は、家族の制止を振り切り、日本一周の旅に出た。愛車は、有り金をはたいて買ったキャンピングカー。連れは柴の愛犬・こゆき。自分と、この日本と言う国を、見つめ直すための『二人旅』だ」
旅先で見た日本社会の変貌と素顔、出会った日本人の心、愛犬との心の交流、そして……。様々な出来事を通して、「人生とは何か」「家族とは」「犬とは」を興味深く、ユーモラスに、また切なく綴った紀行エッセイ。

【著者紹介】
山口 理(やまぐち さとし)
東京都出身の作家・児童文学作家。小学校教員を経て児童文学「おーい、日本海!」(文研出版)でデビュー。その後、教員と作家、二足の草鞋及び日本ペンクラブ会員。代表作に「国語おもしろ発見クラブ」シリーズ(偕成社)、「心霊スポットへようこそ」シリーズ(いかだ社)などがある。