フォローの技術―凄腕アシスト芸人に学ぶ、自分の価値を高める方法

個数:

フォローの技術―凄腕アシスト芸人に学ぶ、自分の価値を高める方法

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月16日 14時48分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872905588
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報

どんな成功者でも必ず身につけている「フォローの技術」。
頑張りがちゃんと認められていなかった人が、どんな状況でも重宝されるように。

どんな成功者でも必ず身につけている「フォローの技術」。
頑張りがちゃんと認められていなかった人が、どんな状況でも重宝されるように。


・上司や取引先との会話が怖くなくなる。
・まわりから信頼され、重要な場面に呼ばれるようになる。
・自分のことを助けてくれる人が増える。
・その場で自分がするべきことが鮮明にわかる。
・どんどん話しかけられるようになり、いろいろな情報が集まる。

などの効果があります。


「フォローの技術」の4つの力

自分の居場所を確保する「ポジショニング力」
一目置かれ、信頼される「会話アシスト力」
みんなから好かれる「気配り力」
重要な存在になれる「世渡り力」


ベストセラー『お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術』の著者で、大人気放送作家、田中イデアさんが、わかりやすく例を挙げながら、面白く丁寧に「フォローの技術」を解説してくれます。

第1章

内容説明

常に主役であろうとする必要はない。フォローさえできれば、どんな状況でも重宝される。

目次

第1章 フォローの技術でオンリーワンになろう
第2章 自分の居場所を確保する「ポジショニング力」
第3章 一目置かれ、信頼される「会話アシスト力」
第4章 みんなから好かれる「気配り力」
第5章 重要な存在になれる「世渡り力」
第6章 自分をフォローする技術

著者等紹介

田中イデア[タナカイデア]
放送作家・ライター/教育学の大学院を修了後、教育者になるであろうという大半の予想を裏切り“マスコミ業界”へ。テレビやラジオの企画構成や映画の脚本などを担当。他にも携帯サイトの企画プロデュースや、イベントやライブの構成も行う。また若手芸人の発掘や育成として、ワタナベコメディスクールや東京アナウンス学院、松竹芸能タレントスクールなどで講師、ネタ見せ(ネタへのアドバイス)の活動や、お笑い界のスターを発掘するイベントの審査員も担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆーき(仮)

1
リーダーが自分に合わないと思ったときはフォロワーシップを学んでみよう2020/06/28

岩崎 堅悟

0
バラエティ番組等で活躍しているアシスト(ひな壇)芸人の「フォローの技術」に学び、ビジネスに活かすことを目指した書物。凄腕芸人は「ポジショニング力」「会話アシスト力」「気配り力」「世渡り力」を発揮しながら、「番組全体が盛り上がるために、自分は何をなすべきか」を考えて行動しているとのこと。ビジネスの世界も「組織における自分の役割を客観的に理解し、組織のために臨機応変に対応していく」ことが求められ、相手の気持ちを思いやりニーズに応えながら仕事する心掛けが大切だと実感。「お役に立つ」ことを基軸に、日々行動しよう。2012/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4626552
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。