「しゃべらない」技術―困った・苦手がスーッと消える「超」しゃべる技術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872904901
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報

あなたの「しゃべり」をもっと活かす! 「言葉を発すること」ばかりにとらわれない、話し方とは?

「しゃべる」ことばかりにとらわれている人に向けた、新しい「話し方」の本。コミュニケーションを、相手と自分に50:50で与えられた場とすると、相手が話している間は自分にとって「しゃべらない」時間となる。自分が「しゃべらない」ときに、コミュニケーションを成立させる、シンプルで重要なカギがあった! 話の内容以前の「話し方」の本。

【著者紹介】
ラジオDJ/ナレーター、心理カウンセラー。初めてでもあがらない話し方研究会代表。1967年生まれ。東京電機大学工学部卒業。サラリーマンをしながらアナウンサー養成学校に通う。北海道のテレビ、ラジオを中心に喋りの仕事を展開する。近年は、話し方に関する個別電話アドバイスもおこなっている。著書に『さようなら! あがり症』、『結婚式のスピーチで困らない本』、『さようなら! 人見知り』(同文舘出版刊)がある。

内容説明

潜在的なしゃべる力が目ざめる「しゃべらない」話し方!7万人が選んだ話し方メソッド、続編。

目次

第1章 「しゃべる」技術をモデルチェンジせよ(コミュニケーションの半分を占める「アイドリング・タイム」;こんな“しゃべリスト”はご用心 ほか)
第2章 「しゃべらない」アクセルを踏み込め(しゃべらないと見えてくるもの;聞き手スタンスでタネをまく ほか)
第3章 「あの人が好き!」と思わせる裏の技術(通じ合える、「しゃべらない」技術;ギャップを演出せよ ほか)
第4章 「しゃべらない」技術を活かす「しゃべる」技術(沈黙の殻をやぶる技術;しゃべりのボディを支える骨組み ほか)
第5章 快適なドライブのための6つのポイント

著者等紹介

麻生けんたろう[アソウケンタロウ]
ラジオDJ/パーソナルモチベーター。1967年東京生まれ。横浜育ち。東京電機大学工学部卒業後、オーディオメーカーに勤務する傍ら、アナウンサー養成学校に通う。札幌転勤を機に独立を決意。北海道のテレビ、ラジオを中心に喋りの仕事を始める。近年はその経験を生かし、株式公開を狙う起業の社長さんから小学生のお子さんがいる主婦まで、多くの方に話し方やコミュニケーション力アップの為の個別指導をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。