レガジー〈1〉

個数:

レガジー〈1〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 659p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784872904864
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

「ジェーン・オースティンの再来」と賞賛の嵐! 若干13歳の少女が書いた傑作ファンタジー! 全米のファンタジーファンが大絶賛!!

【著者紹介】
ウィスコンシン州に住む16歳。『レガシー』は14歳のときに書いた処女作。趣味は映画鑑賞、演劇、歌唱、乗馬、友達とのおしゃべり。

内容説明

空をつかさどる金色の月が赤く変わり、天空をおぞましい血の色に染めた夜、ハイタニカ王国では男の赤ん坊ばかりが姿を消していた。その17年後、ハイタニカ王国アレーラ姫のもとには、王位継承をねらう求婚者が次々と訪れ、謎めいたコカイリ王国の少年ナリアンがあらわれる。やがてあきらかになるナリアンの正体と、ふたつの王国にまつわるおそろしい伝説とは?2008年リーダー・ヴューズ・リテラリー・アワード(読者が選ぶ文学賞)金賞受賞。

著者等紹介

クリューバー,カイラ[クリューバー,カイラ] [Kluver,Cayla]
1992年10月2日生まれ。両親と2人の姉妹とともに、米国ウィスコンシン州に住む。『レガシー1』で、2008年リーダー・ヴューズ・リテラリー・アワード(読者が選ぶ文学賞)の金賞、同年ムーンビーム・チャイルズ・ブック・アワード(ムーンビーム児童文学賞)銅賞などを受賞している

平林祥[ヒラバヤシショウ]
上智短期大学英語科卒。企業翻訳を経て英米翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

12
「13歳の少女が書いた」らしいので読んでみた。本当に13歳の子が書いたのかと疑うような内容だった。アレーラは自分の運命に抗おうと必死に想いを貫こうとしていたし、ナリアンはこの時期特有の謎めいた少年だった。17歳という難しい時期の少年たちを上手く表現していた。生まれたときからの運命は変えることができない。でも、自分の強い思いで周りを変えることはできるかもしれない。周りの顔色を窺ってばかりの人生はきっとつまらないだろう。2010/09/21

星落秋風五丈原

6
二つの国への想いに心を引き裂かれるナリアンと、王妃となってもなお彼に惹きつけられるアレーナ。禁断の恋に身を焦がす男女の王道ラブストーリーなので、二人が紆余曲折を経て結ばれるまでを、まるで保護者の如く見守っていられれば良かったのですが…別の脇役に萌えてしまいました。美男美女の恋愛をただ喜ぶには年を取ってしまったよ…。萌えた相手は恋愛小説に欠かせない敵役、ステルダー。彼女の‘キライ’には、国の定めで自分が王位を継げず、結婚相手の彼が王となることへの不満も多分にあるのかな…とも察せられる。 2014/12/25

林田力

4
中世ヨーロッパ風の架空の王国ハイタニカを舞台に主人公アレーラ姫と二つの祖国を持つナリアンとの禁断の恋物語である。ハイタニカ王国は、娘は親、妻は夫に従うことが当然視され、女性は政治や軍事に口を挟むべきではないという家父長制的な社会である。それを同年代の女性達も当然視する中で、アレーラ姫は自我を持ち、社会に関心を抱く。名前も似ているため、フェミニズム文学の代表作『アリーテ姫の冒険』のアリーテ姫を想起させる。 2019/03/07

ふうか

3
分厚い本だったけど、全然苦にならなかった。これを13歳が書いたなんて驚き。2013/03/25

すがやん

2
13歳でこの作品を書き始めたというのは驚き。少女も、青年も、オジサンにいたるまで、人物像の描き方が上手い。物語は、分厚いわりに進みが遅く、一巻はいまだ序章っぽいが、今後の展開が楽しみではある。ここから、勢いが上がれば面白くなるだろう。2010/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/620432

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。