年収200万円からのマイホーム戦略

個数:

年収200万円からのマイホーム戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 14時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872904222
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C0036

内容説明

住まいは「資産価値」から「使用価値」へ。ムリをしないで、理想の家が買えるのです。探し方、考え方、値引き交渉からリノベーションまで。新しい家の買い方、教えます。

目次

第1章 家の価値はこれから変わる!(不動産は「使う」もの;ある家族の選択 ほか)
第2章 幸せのカタチは十家十色(住む場所の新しい基準;「自分流」の暮らし方を創る)
第3章 理想の家の見つけ方(「家」探しの基本原則;「よい」業者を選ぶこと ほか)
第4章 お金と契約で最後に笑え(値引き交渉の極意と実践;「いよいよ契約」その前に ほか)
第5章 セルフリノベーションのすすめ(自分でやるってどういうこと?;パートナーはどこにいる?)

著者等紹介

榊淳司[サカキアツシ]
1962年生まれ、京都府出身。同志社大学法学部および慶應義塾大学文学部卒業。不動産の広告や販売戦略立案の現場に20年以上携わる。2008年、榊マンション市場研究所を設立。わかりにくい業界内の情報や、マンション分譲事業の仕組み、値引きの実態、現場担当者の心理構造などをブログ上で解説。特に分譲企業の注意情報や、物件別の価格評価について信頼性が高く、エンドユーザーの反響を呼ぶ。住み手の立場にたつ希少な住宅ジャーナリストとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenken

1
始めはそういう概念もあるのか、と読んでいて思ったが最後のセルフリノベーションも方法の一つではあると思うがしっくり来なかった。家族全員に無理がなく幸せになる家選び(作り)が大切なんですなぁ。2016/08/20

にゃんまげ

1
最初はふんふんと読み進めていったが最後はセリフリノベーションのススメという内容になりちょっとマネできないなあと思いました。中古住宅をリノベーションという考えはいいと思います。中古住宅を見つけてからどういう風にリノベーションしようかという思考でなく、どういう家にしたいのかというビジョンを持って中古住宅を探してリノベーションすべしというのには納得。自分や家族がゆずれないところを明確にしこんなイメージの家にしたいというところまで考えないといけないのね。ローンは10年長くても20年で完済でにも共感。2016/07/29

0
★★★★ 家探しをする上では参考になる本。後はどこまで実行できるかだなー。2015/10/11

じゅんじゅん

0
「資産価値」をばっさりきって「使用価値」のみに焦点をあてていますが、年収200万円からと謳っているのでそれはやむをえないことでしょうか?人生何があるかわからない。終の棲家と思って買っても途中売りに出すことだってあるのかもしれないのに。築40年、50年たった公団住宅は確かに安いですが、安いには理由があってのこと安易に買うと痛い目にあいます。2015/04/21

おね様

0
日本は住宅に関する神話が多すぎる。この本を読めばへーということ多数2012/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/599322

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。