親が子に語る「働く」意味―人生に立ち向かう勇気を与える本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872902693
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0036

内容説明

子どもに勇気を与えることが、私たち大人の役割です。しかし、大人自身も勇気を持って人生に立ち向かわなければなりません。あなた自身の生きざまと言葉こそ、「働く意味」を示すのです。

目次

序章 働くことは、生きることである
第1章 親が子に明かす「フリーターの真実」
第2章 親が子に示す「夢の現実」
第3章 親が子に教える「努力の意義」
第4章 親が子に伝える「挫折の価値」
第5章 親が子に与える「勇気と力」
第6章 親が子に語る「働く意味」

著者等紹介

鳥居徹也[トリイテツヤ]
大学卒業後、製薬会社を経て専門学校に勤務。一貫してプレゼンテーション技術を要する業務を行ってきた。その技術を生かし、平成17年8月より文部科学省委託事業「フリーター・ニートになる前に受けたい授業・全国キャラバン」を展開。北海道から沖縄まで全国の小学生、中学生、高校生、大学生、保護者、教員を対象に授業・講演を行う。平成18年度は約120カ所、3万人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおカワ

5
能力とは表現すること。仕事ではなく人を探せ。能力より性格。2013/06/26

Kitamuu

1
自分を探すな、仕事を探せ。 天狗になるな。人に教えるという行為に優越感がつきまとう。快感なんだ。自惚れやすい。それに気をつけろ。2020/07/26

Tomohiro Noshita

0
働く意味ってなんだろう。生きるってなんだろう。時々そんなことを考える。でも答えは外側にはなくて自分の内側にある。周りの世界は『気づき』を与えてくれるが『答え』は与えてくれない。『答え』は自分が見出すもの。とても読みやすいけど核心を突いている本だと思いました。2013/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/29297

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。