沖縄に恋する―癒しの島へ渡ってみれば

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872901870
  • NDC分類 291.99
  • Cコード C0095

目次

序章 恋の病は突然に
第1章 青い海に魅せられ
第2章 すべてを捨てて
第3章 ちむを染める音楽
第4章 やんばるの森に抱かれ
第5章 太陽の島に恋して

著者等紹介

西野浩史[ニシノヒロフミ]
1963年徳島市生まれ。フリージャーナリスト。元毎日新聞記者。沖縄が大好きで、計2回、通算4年少々の沖縄暮らしをした。2001年4月から、沖縄の情報を発信する「沖縄王」というサイトを仲間とともに立ち上げ、編集長を務めるかたわら県内各地を取材して回る。たまにジャーナリスティックな特ダネを掲載する「沖縄王」は、地元マスコミが欠かさずチェックしている。バランス感覚ある取材姿勢と客観的な沖縄論には定評がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hiroki Nishizumi

3
恋は盲目である。アバタもエクボなのである。・・・かのスタンダール先生の言う「結晶作用」である。まさにそうである。2018/06/16

Hiroki Nishizumi

1
内容は沖縄病患者列伝。って言うと身も蓋もないので上手に表現してるな、と思った。序章:恋の病は突然に、第一章:青い海に魅せられ、あたりまではウンウンと頷ける。これが、第二章:すべてを捨てて、となるとソロソロやばい。でも分かるなその気持ち。不治の病沖縄病バンズワィ\(^o^)/2012/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/262888

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。