カント実践哲学とイギリス道徳哲学―カント・ヒューム・スミス

個数:

カント実践哲学とイギリス道徳哲学―カント・ヒューム・スミス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872620276
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C3010

内容説明

研究が手薄なイギリス道徳哲学とカント実践哲学の関係の考察に挑戦。とくにヒュームとスミスの道徳哲学がカントの倫理学と人間学に影響を与えたことを解明する。カントの思想形成過程を踏まえ、カントの実践哲学の底流、隠された構造を照射。カントの従来の狭い図式的理解の修正をめざす。ホッブズの意志論、近代の意志論争にも言及。

目次

第1部 ヒュームの決定説とカントの自由意志説―自由の原因性をめぐって
第2部 ヒューム道徳感情論とカント実践哲学―感情の交流と人間観察をめぐって
第3部 スミスの道徳哲学―共感と「立場の交換」の思想
第4部 カント実践哲学に対するスミスの影響―「立場の交換」論の改作
第5部 ホッブズの行為決定論―その先駆性と限界
第6部 近代の自由意志論争

著者等紹介

高田純[タカダマコト]
1946年北海道旭川市生まれ。1970年北海道大学文学部卒業。1975年北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得。1999年文学博士(北海道大学)。現在、札幌大学外国語学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。