阪大リーブル<br> 日本を彩る香りの記憶

個数:

阪大リーブル
日本を彩る香りの記憶

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872596366
  • NDC分類 576.6
  • Cコード C1320

内容説明

日本の歴史を彩った人びとが残してきたさまざまな香りの記憶を、語り継がれる物語や史実のなかにたどる。香りと魅惑の歴史をわかりやすく解説!

目次

1 祈りの香り
2 薫物の香り―身に纏う香りと六種の薫物
3 五節句の香り
4 色彩の香り
5 恋の香り
6 バサラ・カブキたちの香り
7 義の香り
8 理想の香り―伽羅、そしてヘリオトロープ

著者等紹介

内野花[ウチノハナ]
大阪大学COデザインセンター招へい教員。1979年生まれ。関西大学卒業。博士(文学)。専門は医薬文化史、被膜児伝説研究および女性文化史。学芸員資格をもち、その関連業務や高等学校の講師を経て、2011年から大阪大学コミュニケーション・デザインセンターで特任講師として勤務。2016年招へい研究員を経て、2017年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

歴史上の人物、文学のなかの人々が、生活のなかで欠かせなかった香りを、いかに駆使してさまざまなシーンを彩ってきたのか。軽やかな筆致で描かれる、香りと歴史。歴史上の人物、文学のなかの人々が、生活のなかで欠かせなかった香りを、いかに駆使してさまざまなシーンを彩ってきたのか。仏教、香木、薫物、薬、香水、色の匂いなど、多様なエピソードで紹介。

一 祈りの香り

 イメージの記憶/沈水香の漂着/仏教における視感と香り/薬としての役割/光明皇后の施浴伝説



二 薫物の香り――身に纏う香りと六種の薫物

 「にほひ(匂)」という感性/黒髪の香り/六種の薫物/あでやかな〈梅花〉/涼やかな〈荷葉〉/ぬくもりの〈落葉〉/「あはれ」の〈侍従〉/凛とした〈菊花〉/強さと美しさの〈黒方〉/〈百歩〉先からの香り



三 五節句の香り

 人日の香り/上巳の香り/端午の香り/七夕の香り/重陽の香り



四 色彩の香り

 四季の彩り/自己表現としての色――襲/襲の色目の名前/色の匂い



五 恋の香り

 平中の想い人・侍従の君/雨の降る夜/可愛さあまって「桶箱簒奪事件」/えもいはず香ばしき黒方の香



六 バサラ・カブキたちの香り

 人間五〇年/バサラの誕生――そしてカブキ/同時代の世界の激動/バサラ・カブキを生きる



七 義の香り

 幼子のため/友への義/大坂夏の陣に散った伽羅/武士の義



八 理想の香り――伽羅、そしてヘリオトロープ

 香道――教養としての香り/宣教師が見た香文化/薬種屋の砂糖漬/最高級の沈香「伽羅」/伽羅の油/花の露/ヘリオトロープとの出会い――新しい時代を象徴する香り

内野 花[ウチノ ハナ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件