帝国日本の移動と動員

個数:

帝国日本の移動と動員

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月24日 06時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872595963
  • NDC分類 334.51
  • Cコード C3021

内容説明

帝国と国民国家のはざまで生きた人びとの苦悩と悲劇。日朝関係史の新事実やジェンダー史を取入れ、北方史も視野に入れた広範な共同研究。

目次

「満洲移民」研究の問題点
第1部 帝国の形成(日清戦争前後の「朝鮮通漁」と出漁者団体の形成―朝鮮漁業協会を中心に;明治の技師山本小源太の軌跡―府県農事試験場から韓国統監府へ;台湾高地先住民の土地と生の囲い込み―日本植民国家‐資本による人間分類と「理蕃」)
第2部 帝国の膨張(樺太における「国内植民地」の形成―「国内化」と「植民地化」;満洲鉱業移民構想の成立と挫折―北票炭鉱と鶴岡炭鉱の事例から;北硫黄島民の生活史における移動とディアスポラ化―全島強制疎開から“不作為の作為”としての故郷喪失へ)
第3部 帝国とジェンダー(植民地朝鮮における妓生の再組織化と社会的活動;明治大正期の樺太・サハリンにおける公娼と半公娼;植民地朝鮮における愛国婦人会―併合から満洲事変までの軍事援護と救済活動;在韓日本人女性の戦後―引揚げと帰国のはざま)

著者等紹介

今西一[イマニシハジメ]
1948年生まれ。立命館大学大学院文学研究科修士課程修了。農学博士(京都大学)。小樽商科大学名誉教授。専門分野は日本近現代史

飯塚一幸[イイズカカズユキ]
1958年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。文学修士。大阪大学大学院文学研究科教授。専門分野は日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

13
本書タイトルの共同研究で一見これと言った特徴がなさそうな印象を受けるが、帝国とジェンダーの視点から掘り下げた四つの章「植民地朝鮮における妓生の再組織化と社会的活動」、「明治大正期の樺太・サハリンにおける公娼と半公娼」、「植民地朝鮮における愛国婦人会」、「在韓日本人女性の戦後」などは、どれも極めて貴重な研究成果ではなかろうか。◇「慰安婦問題」ばかりが注目される中、帝国とジェンダーの幅広いテーマに取り組んだ研究成果を、研究者間のインナーサークルだけに留めずいかに社会に広げるかも課題かと思われる。2018/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12627546
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。