ロボット・身体・テクノロジー―バイオサイエンスの時代における人間の未来

個数:

ロボット・身体・テクノロジー―バイオサイエンスの時代における人間の未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 08時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 193p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872594232
  • NDC分類 548.3
  • Cコード C3010

内容説明

生命理論とバイオサイエンス。バイオサイエンスをめぐるさまざまな問題系を扱い、あらたな生命工学の時代における人間とロボットの変容と可能性を探る。

目次

第1部 浅田稔氏へのインタビュー(ロボット×人間×生命)
第2部 ドイツ・ビーレフェルト大学におけるワークショップの成果報告(ロボット人類学に関するワークショップ―人間と機械のインターフェースの概要;生命とロボット/人間とロボット;技術とともにある身体―技術的介入と制度に埋め込まれた行為;野生のロボット―計算機学と人間科学における規則、解釈、バグをめぐる試論;ケアの対象としての機械―ロボット・テクノロジーと機械の旅についての試論;空間をロボット化する―インテリジェント・スペース、WABOT-HOUSEに関する報告)
第3部 個別論文(HIV感染症をめぐる諸技術について―フーコーの生権力/生政治と自己のテクノロジーの可能性;テクノロジーと教育―1人1台情報端末制は教室の何を変えるのか;三木清の技術論―形をなすものとしての構想力)

著者等紹介

桧垣立哉[ヒガキタツヤ]
1964年生。大阪大学人間科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。