コンフリクトから問う―その方法論的検討

個数:

コンフリクトから問う―その方法論的検討

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872594027
  • NDC分類 002
  • Cコード C3036

目次

はじめに なにが問われているのか
第1部 自然化されるコンフリクト(豚と発動機―開発の中の信用と信頼;自己をめぐるコンフリクト論再考―モノ/者としての地蔵の身体性を手がかりに)
第2部 国家と資本の問題(新国家建設とコンフリクト―南スーダン共和国のゆくえ;日独交流における社会政策の方法論―福田徳三とルーヨ・ブレンターノ(1898‐1930)
民族主義とルンペン・プロレタリアート)
第3部 日常への想像力(“遅れ”を書く;『Cuba Sentimental』制作ノート―人類学者がカメラを持ち、編集を終えるまで;共に考えることについて)

著者等紹介

小泉潤二[コイズミジュンジ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授

栗本英世[クリモトエイセイ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門は社会人類学、アフリカ民族誌学。主としてスーダン、エチオピアで、内戦、民族紛争、難民、平和構築などをテーマにフィールドワーク

冨山一郎[トミヤマイチロウ]
大阪大学大学院文学研究科教授(2012年4月より、同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授)。専門は沖縄近現代史研究

田沼幸子[タヌマサチコ]
大阪大学大学院人間科学研究科特任研究員。博士(人間科学)。専門は文化人類学、フィールドはキューバ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。