大阪大学新世紀レクチャー<br> 対話の場をデザインする―科学技術と社会のあいだをつなぐということ

個数:

大阪大学新世紀レクチャー
対話の場をデザインする―科学技術と社会のあいだをつなぐということ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872592917
  • NDC分類 539
  • Cコード C3036

内容説明

科学技術と社会との「対話」は可能なのだろうか。「反対」か「賛成」かを語る前にやることがある。自分の主張を相手に受け入れさせようと努力することではなく、相手の主張の中でどの部分に自分が共感することができるかを考えること。わからないことをわからないままで持ち続ける力を鍛えること。本当にオリジナリティーのある「対話のデザイン」。

目次

第1章 科学技術コミュニケーションが求められる背景(科学技術と社会―その関係性の変化;科学技術に関する「リスク」の感じ方;原子力と社会―日本における経緯)
第2章 対話フォーラムとは何か(なぜ、対話フォーラムが必要なのか;対話フォーラムまでの道のり;対話フォーラムとは何か;対話フォーラムのスタートまで;対話フォーラムの始まり)
第3章 対話フォーラムでの学びと変化(立地地域から見た原子力―「リスク認知マップ」への集約;参加者は、専門家を信頼することができたのか;なぜ専門家を信頼できたのか;住民参加者の変化;学び、変わる、専門家;専門家と市民の「共進化」)
第4章 専門家と市民が「共進化」するために必要なこと(不可欠な三つの要件;誰が参加するのか;「対話の場」の意味)
第5章 科学技術と社会のあいだをつなぐということ(原子力の対話に求められるもの;対話の場をデザインする)

著者等紹介

八木絵香[ヤギエコウ]
1972年生まれ。東北大学大学院工学研究科博士課程後期修了博士(工学)。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任講師。早稲田大学大学院人間科学研究科修了後、民間シンクタンクにおいて、災害心理学研究に従事。多数の事故・災害現場調査を行うと同時に、ヒューマンファクターの観点から事故分析・対策立案に携わる。2002年~2005年、東北大学に社会人大学院生として在籍。原子力問題に関して市民と専門家が対話する場(対話フォーラム)を企画・運営、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。