大阪大学新世紀セミナー<br> 脳の神秘を探る

個数:

大阪大学新世紀セミナー
脳の神秘を探る

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 86p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872591217
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C1345

内容説明

感覚細胞を中心に単一神経細胞で行われる信号処理についての概説、脳の形態形成や、その神経回路の形成の仕組み、視覚系についての考察といった内容。

目次

第1章 脳と神経回路の成り立ち(脳の構造;脳の形態形成;神経回路の形成)
第2章 脳の神秘(感覚センサー:脳への信号入力;細胞:膜とタンパク質;神経細胞の興奮過程 ほか)
第3章 知覚の脳内メカニズム―脳と心の関係の解明にむけて(脳と心;脳と脳科学;網膜像のあいまいさと脳による解釈 ほか)

著者等紹介

村上富士夫[ムラカミフジオ]
1948年愛知県に生まれる。1973年大阪大学大学院基礎工学研究科(修士)。現在、大阪大学大学院基礎工学研究科教授。工学博士。研究テーマは脳の神経回路形成の基本原理、神経細胞移動のメカニズム。日本神経科学学会、日本生理学会、日本分子生物学会、日本神経化学会所属

藤田一郎[フジタイチロウ]
1956年広島県に生まれる。1984年東京大学大学院理学系研究科(博士)。現在、大阪大学大学院基礎工学研究科教授。理学博士。研究テーマは視覚認識の脳内機構。Society for Neuroscience、日本神経科学会、国際脳研究機構所属

倉橋隆[クラハシタカシ]
1961年愛知県に生まれる。1990年筑波大学大学院生物科学研究科(博士)。現在、大阪大学大学院基礎工学研究科教授。理学博士。研究テーマは嗅細胞匂い情報変換システムの定量的理解に関する研究。日本生理学会、日本生物物理学会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。