生活保護削減のための物価偽装を糾す!―ここまでするのか!厚労省

個数:

生活保護削減のための物価偽装を糾す!―ここまでするのか!厚労省

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 00時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 133p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784871541312
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C3036

内容説明

生活保護バッシングを巧みに利用、そして物価指数を偽装までして生活保護費を大幅削減。誤解と虚偽の拡散で固められた「貧困すぎる日本の生活保護」。

目次

第1章 森永卓郎氏に聞く―金持ちたちの「暗黙の共謀」
第2章 生活保護予算は多すぎるのか―諸外国に比べて圧倒的に少ない
第3章 不正受給は多いのか―生活保護全体のわずか0.5%です
第4章 テレビなどでイメージ操作―生保バッシングのこれだけのウソ
第5章 生活保護利用者の実際―ぎりぎりの生活に追い込まれての日々
第6章 物価指数のイロハ―政府のウソを見抜くための基礎学習
第7章 物価偽装を見抜こう―生活保護基準引き下げの根拠のウソ

著者等紹介

白井康彦[シライヤスヒコ]
1958年、名古屋市生まれ。1984年、一橋大学商学部卒業。1984年に中日新聞社に入社。東京本社整理部、東京本社経済部、名古屋本社経済部、名古屋本社生活部、岐阜支社報道部、北陸本社小松支局などで勤務。2010年8月から名古屋本社生活部編集委員。消費者問題や貧困問題の取材に力を入れてきた

森永卓郎[モリナガタクロウ]
獨協大学教授、経済アナリスト。1957年、東京都生まれ。1980年、東京大学経済学部卒業。テレビ・ラジオでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。