生活保護「ヤミの北九州方式」を糾す―国のモデルとしての棄民政策

個数:

生活保護「ヤミの北九州方式」を糾す―国のモデルとしての棄民政策

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月22日 14時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784871540759
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C3036

内容説明

「生活困窮者は死ね」と言うのか。「福祉が人を殺す都市」と言われる北九州市。それは国の生活保護政策の手本である。しかし「ヤミの北九州方式」は、旧厚生省天下り官僚の下で造られた、「国の生活保護切り捨てモデル」であり、厚生労働省の指導と通知によって日本全国に広がっている。

目次

1部 いのち切り捨ての実態とその元凶を糾す(3年連続4件の餓死・自殺事件;虐げられ、蔑まれ、命を奪われた人びと;「ヤミの北九州方式」のからくりを暴く;「ヤミ」を支える「オモテの北九州方式」;北九州から反貧困の狼煙を)
2部 全国から見た北九州市生活保護行政問題(なぜ、私たちは福祉事務所長を刑事告発したのか;北九州市生活保護改善のたたかいの意味)

著者等紹介

藤藪貴治[フジヤブタカハル]
1969年横浜市生まれ。1992年、東洋大学文学部印度哲学科卒業。1994年、北九州市役所入職(主に福祉事務所、児童相談所)。現在、北九州市立大学非常勤講師(公的扶助論・ケースワーク)、九州大学大学院法務学府実務法学専攻

尾藤廣喜[ビトウヒロキ]
1947年香川県生まれ。1970年、京都大学法学部卒業、厚生省(現厚生労働省)入省、医療保険および生活保護を担当。1975年、弁護士登録(京都弁護士会所属)。以後、スモン訴訟、水俣病京都訴訟、薬害ヤコブ訴訟、原爆症認定訴訟、中嶋訴訟、林訴訟、老齢加算・母子加算減額処分取消請求訴訟(生存権裁判)等を担当。現在、生活保護問題対策全国会議代表幹事、全国生活保護裁判連絡会代表委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。