契約型福祉社会と権利擁護のあり方を考える―高齢者・障害者主権の確立のために

個数:

契約型福祉社会と権利擁護のあり方を考える―高齢者・障害者主権の確立のために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 18時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 349p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784871540438
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3036

内容説明

介護保険、支援費制度、成年後見、財産管理、リスクマネジメントなどなど、措置から契約への時代、利用者の権利を守るための根本問題、方策を提言する。

目次

序章 高齢者・障害者と「新しい社会福祉システム」―「社会福祉基礎構造改革」と新しい利用制度は高齢者・障害者の人権・権利を保障するか
第1章 これからの権利擁護システムのあり方とは
第2章 利用に至るまでの条件と利用に結びつける支援とは何か―利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その1
第3章 新しい利用制度において契約関係が適正に結ばれるために―利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その2
第4章 判断能力が十分でない利用者の意思決定の支援システムについて―利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その3
第5章 実質的対等性の確保と実効あるサービス評価をめざして―利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その4
第6章 介護・福祉サービス事故をめぐるトラブルとサービスの質の向上―サービス提供者に求められるリスクマネジメントとは
第7章 権利擁護の支援を担う福祉・医療・司法のネットワークと連携、協働のあり方を考える
第8章 新しい社会福祉システムにおける公的責任と公的役割は何か
第9章 提言 権利擁護のあり方と基盤整備について