フィールドワーク授業入門―水戸内原の問いかけ

個数:

フィールドワーク授業入門―水戸内原の問いかけ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月19日 05時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784870742185
  • NDC分類 375.1
  • Cコード C3037

内容説明

伝説の「飯富中学校・北海道“船中泊”(5泊6日)の記録」が蘇る。「すばらしい教育論文、嬉しく拝読」「綿引先生に教えられている子供たちは何と幸せなことか」。「俳句の授業」(中3)、内原小学校3・4年生「イチゴ作り」「消防署」「“島畑”の謎を探る」も併せて収録。

目次

1 内原町のイチゴ作り(小3・社会科)―地域教材の発掘に取り組んで1―(一九八九年度実践)
2 内原消防署取材ノート(小4・社会科)―地域教材の発掘に取り組んで2―(一九九〇年度実践)
3 「消火の実際―鯉淵の物置火災」の授業―「内原消防署の仕事」より(小4・社会科)―(一九九〇年度実践)
4 「島畑」の謎を探る(小4・社会科)―明治九年(一八七六年)「地引絵図」の語る世界―(一九九〇年度実践)
5 宿泊学習の可能性に挑む―“アイヌ民族の文化に学ぶ・北海道の旅”(中1・中2)―(一九九二・九三年度実践)
6 「その人の 足跡ふめば 風薫る」―「俳句の授業」(中3・国語科)―(一九九四年度実践)
解説 教師としての学びとはどんなものだろう

著者等紹介

綿引弘文[ワタヒキヒロブミ]
1953年茨城県生まれ。国学院大学文学部文学科(国語学専攻)卒業。1977年から36年間小中学校教諭として勤務。2013年3月退職。学生時代より斎藤喜博「教授学研究の会」に参加して学ぶ。現在、「茨城・教授学研究の会」事務局担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。