夢をかなえるゾウ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784870318052
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

2008年、テレビドラマ化決定!
ヘンな神様「ガネーシャ」ファンが急増中!

「お前なぁ、このままやと2000%成功できへんで」ダメダメ僕の目の前に突然現れた“ガネーシャ”。ゾウの姿をして関西弁を喋る、とてつもなくうさん臭い神様の教えは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかり。こんなんで僕は成功できるの!?
ベストセラー『ウケる技術』の著者が贈る、愛と感動の自己改革【笑】説!

内容説明

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。ベストセラー『ウケる技術』の著者が贈る、愛と笑いのファンタジー小説。

著者等紹介

水野敬也[ミズノケイヤ]
1976年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。処女作『ウケる技術』(共著)がベストセラーに。DVD作品『温厚な上司の怒らせ方』(ビクターエンターテイメント)の企画構成・脚本を手がけるなど、活動は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

671
ずっと話題の本だったがついに手にとって読んでみた。教えることは確かに今までの自己啓発本からの抜粋的な感じがしたが、ガネーシャという謎の神様がボクに居候し指導していくスタイルで分かりやすく読めた。嫌われる勇気も話題の本だが、こういうトークスタイルで伝えたいことを伝えるのって分かりやすいなぁと思った。本書で言われていることを本当に実行すれば確かに道は開けるだろうし、行わなければいつまでも普通の人のままというのもよくわかる。またガネーシャから教わった内容を繰り返し読みどんどん実行したい。2016/09/07

HIRO1970

596
⭐️⭐️⭐️嫁本。インドの神様が部屋に来てその日に実行可能な処世訓を毎日一つ授けてくれる気軽に読める自己啓発本。神様であるガーネーシャ神は可愛い象の外観で喋りは何と大阪弁。終始、全く偉そうに見えない上に漫才を聞いているかのような表現に著者一流の照れ隠しが感じられ面白可笑しく好感が持てるお話しです。神友達のお釈迦様も連れ立って遊園地に行く場面もあり漫画やアニメにすぐ出来そうな素晴らしいエンターテインメント作品でどなたにもオススメ出来ます。(結構為になるお話もありました。)2015/02/14

takaC

429
文庫版を買ったのは最近だけど単行本は7年くらい前に買ってずーっと積んであった。何日か前に文庫を読んだときに巻末に単行本に加筆・修正を加えて文庫化したと書いてあったので、違いを見つけようと勇んで読み始めたものの結局話に夢中になりすぎてどこが違うのかわからないまま読み終わってしまった。2016/02/11

再び読書

397
まったく期待しないで読んだので、楽しめました。流石、慶応の経済学部卒と納得させられる薀蓄と説得力のある本です。しかし、凡人はすぐその努力と気力を失うのも書かれている通りの真実です。行動すること、それと共に持続させることが重要。ある意味「情けは人のためならず」が結局自分を助け、夢に近づく真理かも知れません。余談だが関西弁の使い方はぼくには秀逸に感じられた。意外と関西人であるが故に書かれる関西弁には、気持ち悪さを感じることが多いのですが、今回は気持ちよく読めました。2013/08/21

扉のこちら側

385
初読。図書館にて読了。ガネーシャの教えは今日から実践できる。本の売り上げの一割が慈善団体に寄付されるというのがまたよい。2013/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/560519

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。