新大東亜戦争肯定論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784870317444
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0095

内容説明

あの「戦争」の意味を深く問わなければ、我々はいつまでも虚構の「平和」をむさぼり続けるしかない―日本人が戦った戦争を正視し、日本の未来に賭ける、渾身の論考。

目次

1 大東亜戦争への視角(祖国の戦争を何と呼ぶのか;『大東亜戦争肯定論』の衝迫力 ほか)
2 特攻と日本人(今、特攻隊を考える理由;「生命」の価値とは何か ほか)
3 昭和天皇と戦争(御前会議の天皇;天皇の戦争責任 ほか)
4 アジアのなかの日本(「大東亜共栄圏」とは何か;「アジアは一つ」か ほか)

著者等紹介

富岡幸一郎[トミオカコウイチロウ]
1957(昭和32)年、東京に生まれる。中央大学仏文科卒。文芸評論家・関東学院大学文学部比較文化学科教授。中大在学中の1979年(21歳)、「意識の暗室―埴谷雄高と三島由紀夫」で『群像』新人賞評論部門優秀作を受賞。以後、ドストエフスキーに関する評論を発表するかたわら戦後派作家にも深い関心を寄せ、『戦後文学のアルケオロジー』(福武書店、1986年)として結実。オピニオン誌『表現者』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。