誰だって人生をやり直せる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784870314580
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

むかし「極道」、いま「牧師」が死を選ぶしかなかった過去からどのように這いあがったのか。波瀾万丈の半生。

目次

序章 心のバージョンアップが求められる時代
第1章 人生のつまずきは、音も立てずにさりげなく
第2章 追われて逃げて、そして隠れて生きて
第3章 すべてをなくして、“勇気”が生まれて
第4章 幸せの“本当の姿”を見つけたい

著者等紹介

鈴木啓之[スズキヒロユキ]
1955年大阪府大阪市生まれ。71年天王寺の興国高校入学。その年の秋、飲食代欲しさに始めたカツアゲがもとで、高校を自主退学。72年ヤクザの組員になる。79年暴力行為、器物破損、ひき逃げの罪で懲役2年の実刑を受ける。82年27歳のとき最愛の母が脳梗塞で死去。85年抗争事件による凶器準備集合、暴力行為の罪で2度目の服役。86年大阪刑務所を出所して10日目、現在の妻、まり子さんと出会う。博打による借金が2億円にまで膨れあがる。87年32歳のときに結婚。これを境に借金がどんどん減っていく。89年借金をほぼ完済。博打打ちとして絶頂期に。90年ヤクザ社会の掟を破ったことがもとで、組織から命を狙われることに。逃亡の末、東京に流れ着く。新宿に身をひそめたものの原因不明の病に見舞われる。錯乱状態のまま、東京純福音教会に救いを求めて飛び込む。3日間祈り続けた末に、置き去りにしてきた妻と娘との再会を決意。91年東京中央神学院に入学。92年伝道者として沖縄から北海道まで十字架を担いで6カ月間歩く。95年千葉県船橋にシロアムキリスト教会を開拓。現在は東船橋に移転した新生シロアムキリスト教会を拠点に東奔西走する忙しい日々を送っている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。